2010年09月28日

入院8日目、先生からのメール

先生からショコラの報告メールがきました。


胃腸障害を考慮して、昨日までは注射によるお薬投与でしたが、
今日からは内服薬に切り替えてみても特に下痢や嘔吐もなく食事も
出来ている様子。

今朝はレーザー、夜は鍼、朝と夕方の排尿サポート、足裏マッサージ、
踏ん張りの練習を何度も試みてみたりと昨日までとは違って本格的な
リハビリが始まったようです。


神経検査では、強いて言えば左足がちょこっと踏ん張ってるかな〜?
程度らしいけれど・・・・
ショコラ、焦らずゆっくりでいいからね。

blog2225.jpg


ニックネーム じょーじ at 00:00| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

入院7日目、先生からのメール

ショコラの様子を病院から先生がメールしてきてくれたわーい(嬉しい顔)

今日から食事をするようになった、下痢も嘔吐も止まったので、点滴をはずした
そうだ。
あわせて鍼治療も開始したとのこと。

神経系は昨日と変化はなし。

先生が写メも送ってくれた手(チョキ)

blog2224.jpg

blog2223.jpg

ショコラ、頑張ってね顔(メロメロ)


ニックネーム じょーじ at 00:00| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

入院6日目、面会

術後のショコラに会いに面会に行ってきた。
発症から1週間も経っていないのに、すごく長い時間会っていない気がする。

診療時間終了後に面会時間を作っていただいたので、待合室でご対面。

blog2219.jpg

ショコラは我々を見るなり動かない後足を引きずりながら前足だけで、そばに
近寄ってきてくれた。

消炎剤をやめ、胃腸障害は幾分改善したとのこと。

blog2220.jpg

手術箇所よりも下部の皮膚をつねると体が波打つように動き、触られた反射を見
せた。
感触が戻ってきている証しだそう。
今日は足を動かしたり、マッサージもしてくれたそうで、明日以降状況を見て鍼
を考えているとのこと。

blog2221.jpg

点滴が痛々しいし、動かない後足には悲しさを感じるが、ショコラの表情はとて
も穏やかだった。

退院までにはまだ10日くらいかかるとのこと。

blog2222.jpg

ショコラは自分の足が動かないことをどう感じているのだろう。

でも、きっと治ることを信じて治療に取り組みたい。




ニックネーム じょーじ at 00:00| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

入院5日目

24日夜、先生から状況の連絡をいただく。

良い話。

神経系は今回の手術箇所よりも下側で皮膚をつねったときの反射が見られ、改善
の兆しが伺えるとのこと。

悪い話。

薬による胃腸障害が激しくが食べると嘔吐する。もともと薬に弱いショコラ、今
回も手術後の消炎剤が影響しているようで、手術痕の治りが遅くなるが薬を止め
絶食しながら様子を見ていくとのこと。

現在の状況の説明を受けたあとの雑談。

以前大学病院で手術を受けた際の主治医からかかりつけの先生宛に電話が入った
とのこと。
ショコラのことを覚えていてくれて、まだ手術に至っていなければ手術の段取り
をしようと連絡してきてくれたとのこと。
大学の先生にまで動いていただけるなんて・・・ショコラは幸せだ。

大学の主治医には先生から状況を説明していただき、大学の先生をもっても今回
の出血は説明がつかないようである。

ただ、一般的には出血の原因はいくつか考えられるのだが、簡単にいってしまえ
ば相当なダメージがないと出血しないとの見解。
だが今回の血液検査で筋肉損傷を示す値であるCPKは適正範囲内であったとのこ
と(以前の椎間板ヘルニアの際は、その値が異常値だった)

ということで相変わらず麻痺の原因である血腫ができた理由は今もわからない。

先生から25日(土)にショコラと面会しても良いと言われた。
会ったときショコラはどんな顔をするんだろう。



ニックネーム じょーじ at 00:00| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

手術、術後経過

23日(木)入院4日目

4:00 電話で手術の状況報告を受ける。
    3:30ごろ無事終了した。
    神経圧迫の原因であった物質は血の塊だったとのこと。
    MRI検査と手術、1日に2度の全身麻酔も無事に乗り越えきちんと覚醒
    できている様子。
    詳細な説明を聞きに12時に病院へ行くことに。
    
12:00 病院へ
    手術の状況報告を受ける
    神経圧迫の原因物質は血の塊だったが、それがいつ、なぜ出来たのか、
    は分からない。このようなケースは非常に稀なケースで先生も今までに
    経験したこともなく現時点での病名が出ない。
    ただ、椎間板ヘルニアではなく、血腫が原因の神経圧迫による麻痺
    であることだけは確かである。
    現在、痛みは消えているはずだが、麻痺は残っている。が、これは仕方
    がない。
    回復には長ければ2ヵ月くらい要することもあるが、数日で反応が出る
    場合もあるのでそれに期待したい。
    幸い神経は綺麗で壊死はしておらず、術中の出血も最低限ですみ、物質
    の癒着もなく手術は非常にうまくいったようである。
    今後同じ場所で同様のことが起きることはほぼないと考えられる。
    今月いっぱいは入院、リハビリに関してはいろいろな意見があるが状況
    に応じて鍼や灸、レーザー等を取り入れながら回復に繋げたいとの
    こと。
    ショコラの状況も毎日連絡を取り合いましょうと言っていただいた。

今日はショコラには会わず、先生に写真を撮ってもらった。

blog2216.jpg

前回の手術とほぼ同じ場所で、切った場所は前回よりもやや右側

blog2217.jpg

自分で食事ができている。ただ、手前に伸び切っている後ろ足が痛々しい。

blog2218.jpg


ショコラは運の強い仔だ。

発症時に山の中にいたため携帯が通じにくく、電波が通じる場所にきて何度か電
話するも多忙で先生が電話に出れず、受付終了数分前に電話が繋がった。

状況を察し深夜にも拘らず診療してもらえた。

主は今週、夏休み中だったことからすぐMRI検査に行けたこと、検査の日が病院
の休診日だったので先生が検査に同席してくれて、手術への移行がスムースにで
きた。

発症からMRI検査、手術というプロセスも一番ベストな選択ができた。

加えて、病院の先生方には本当に頭があがらない。
この何日かは殆ど寝てもいないはずだし、食事もままならなかったはず。
こんな先生方に診てもらえるのは、このうえない幸せです。

ショコラは頑張ってくれました。
あとは、奇跡的な回復につながれば完璧。
一時は、最悪な事態をも覚悟しなければならなかったが今は希望をもって
日々を過ごすのみです。

そして、ショコラを心配してメールや電話を頂いたみなさん
本当に有り難うございます。
みなさんからの応援がショコラにも伝わって大きな力となりました。
    
ニックネーム じょーじ at 00:00| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

容態急変、決断

21日(火) 入院2日目
ステロイドを服用しているものの効き目が出ない中、夕方神経麻痺が出たと病院
から電話連絡があった。
17時からパルス療法を開始する。経過説明と今後の治療方針を話し合うために
翌朝9時30分に来院してほしいとのこと


22日(水) 入院3日目
9:30  病院へ 
    病院到着後、ショコラの姿を見て衝撃を受けました。
    昨日までは自力歩行が出来ていたのに今朝は前足だけで必死に
    ずっている。
    ショコラにかける言葉が見つからず涙が溢れてきた。
    パルス療法で改善を期待したが変化が見られないとの報告
     入院時グレード1〜2だった状態がこの時点でグレード3
    手術をするかどうか、その場合前回の手術を執刀していただいた
    大学病院で行うのか、いつ手術できるかなどの対応を相談
    容態が急変した原因をみるためにも、まずはキャミックでMRI検査を
    することにし、一旦帰宅

13:20 病院からTEL キャミックの予約は14:30で取れたとのこと。病院に
    立ち寄り、血液検査結果とレントゲン写真とショコラをピックアップ
    し、キャミックへ。追って先生も合流するとのこと。心強い。

14:30 キャミック到着後、すぐ問診

14:50 全身麻酔とMRI検査の準備

15:30 先生も合流し、MRI検査に立ち会っていただく

17:00 MRI検査終了。キャミックの医師による見解をまとめるとのこと

17:40 まずはキャミックの見解を先生が確認。先生から簡単に状況説明を受
    け、19:30に病院で落ち合うことに

18:10 キャミックの医師からMRI検査結果の説明を受ける
    
blog2214.jpg

側面から見た画像
画像上の上下に緑の線がある箇所に輪切りにしたものが下部画像

blog2213.jpg

矢印の先が神経圧迫の原因となっている物質

通常、椎間板ヘルニアは椎間板から飛び出した物質が神経を圧迫し痛みや麻痺を
引き起こすが、その飛び出しは神経の下ないしは斜めから圧迫するものであるが
ショコラの場合神経の上部から圧迫されている

圧迫している物質が何なのか特定できない(壊死した神経、浮腫、血液の塊などが考えられる)

というのが検査結果の概要

19:30 病院に戻る
    今後の方針について打ち合わせ
    手術をする場合前回とは異なり、麻痺が出ている中での手術であること
    椎間板ヘルニアと特定しにくいMRI結果であり、骨の中を見ないことに
    は物質が何か特定できず、その物質は骨の直下にあることや神経への癒
    着の可能性があることなど手術については沢山のリスクとともに結果が
    どうなるかはわからないとのこと
    
    内科的対応はほぼ難しく、進行の度合いから時間経過とともに症状は悪
    化すると思われること
 
    などいろいろなことを丁寧に説明をしていただき、手術することを決断

blog2215.jpg

病院に戻ってきた時のショコラです

22日23時くらいからショコラの体調を見て手術開始です。
ニックネーム じょーじ at 00:32| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

ヘルニア再発

キャンプ場を出る前にかかりつけのお医者さんに連絡をとるも繋がらず、
まずは出発

高速を乗る前に連絡がつき状況を説明し、23時に予約診療を受けてもらえた。
先生からは車の振動で悪化することもあるので「くれぐれも慎重に」との
注意を頂く。

体の向きを変えると痛いらしく、車の中では1回悲鳴をあげた
それ以外はずっと寝てすごし、家に着いて病院に向かうまでの間、やはり
体の向きを変えると痛いようで悲鳴をあげる

病院でも先生の触診でまたもや悲鳴
前回は背中だったが今回は腰か?

先生からはステロイド注射かステロイドの数十倍の強さがある薬を8時間おき
に3回打つパルス療法のどちらかの処置になるとの説明
(触診時に麻痺と疑わしき場面があったのでパルス療法の提案がありました)

診察に要した約30分程の間にはっきりとした麻痺がなかったので
先生とも相談の上、まずは入院させステロイド注射をして様子を見ながら
処置方法を決めることにしました

blog2211.jpg

遅い時間にも拘らず快く診療してもらえ感謝です。




ニックネーム じょーじ at 20:00| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

梅雨になると・・・

梅雨入りして湿度が高くなってくると皮膚のトラブルが多くなるショコラ顔(汗)

blog2080.jpg

目の周りが少し腫れていて、涙目状態がく〜(落胆した顔)

こんな時は眼の下のシワの間が蒸れて、毛が抜け炎症を起こしている証拠ふらふら

blog2081.jpg

猫(足) ちょっと、イテテでしゅよ犬(怒)

かかりつけの病院病院からもらった常備薬くすりで早速応急処置わーい(嬉しい顔)

消毒薬と塗り薬で処置すれば、炎症は治まり毛も生えてきます手(チョキ)

また、嫌な季節がやってきましたね顔(汗) 皆さんもご用心をわーい(嬉しい顔)




ニックネーム じょーじ at 19:51| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

3ヶ月目検診

今日は術後3ヶ月目の検診で病院へダッシュ(走り出すさま)

blog2044.jpg

猫(足) ちょっとドキドキ揺れるハート しちゃうでしゅよ犬(笑)

待合いでは静かにしていたのに先生に会って大興奮ふらふら

預かって診察するので30分くらい待っていてと言われ、外で待つことに・・・


カメカメカメカメカメカメカメカメカメカメカメカメカメカメカメカメカメカメカメカメカメカメカメカメ


10分もたたないうちに携帯携帯電話が鳴り「終わりました」って、なんかやけに
早くない顔(チラッ)

先生からは、あまりにも元気すぎて診察にならなかったと言われちゃい
ましたがく〜(落胆した顔)

恒例のハトヤの魚魚になっちゃったようです顔(なに〜)

とはいえ、これだけの元気があれば大丈夫とのお墨付きももらい、本日で
終了となりました手(チョキ)

blog2046.jpg

猫(足) ヘルニア、やっつけてやったでしゅよ犬(怒)
ニックネーム じょーじ at 20:24| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

イテテ・・・

腰への負担を少なくするため病院病院で爪きりをした
定期で来ているトリマーさんにお願いしあえて深爪に顔(なに〜)

blog2035.jpg

仕上がりは・・・見てるこちらが痛くなる感じ顔(泣)

blog2036.jpg

猫(足) イテテでしゅよ、触らないでくだしゃいね犬(怒)

家に帰ってきてからも手を隠すようにしてましたわーい(嬉しい顔)
滑らないようにするには仕方ないから我慢してね顔(ペロッ)


ニックネーム じょーじ at 21:20| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

盛り沢山

今日は病院病院でやるべきことを一気にやってきましたわーい(嬉しい顔)

狂犬病の注射注射、フィラリアの検査と薬くすりの処方・・・
先々週はワクチン接種注射だったし、やること盛り沢山で、お金も
小鳥・・・飛んでいきます顔(なに〜)

病院の順番待ちの間中、先生に早く会いたくてじっとしていら
れないショコラ

blog2026.jpg

おとと:ねーたん、まだ順番来ましぇんよ顔(汗)

診察室で一通り終わって、肛門腺も絞ってもらいました

blog2027.jpg

猫(足) 恥ずかしいからカメラ写さないでくだしゃい

注射もそうだけど嫌がるわけでもなく、っていうか、なんかやたら
嬉しそうわーい(嬉しい顔)
ニックネーム じょーじ at 15:48| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

1ヶ月検診

術後1ヶ月の経過観察のため病院車(セダン)

blog1993.jpg

猫(足) またここに来たでしゅか犬(泣)

blog1994.jpg

おとと:ねーたん、今日も頑張るでしゅよ



で、検診結果は良好Good
先生からも術後の経過は上々とのお墨付きわーい(嬉しい顔)

blog1995.jpg

手術跡もこんなに綺麗になってますハートたち(複数ハート)

でも3ヶ月目のGW明けに再度検診とのこと顔(汗)
順調なので2ヶ月目の検診はなくて良いとのことだったけど、
今日で終われると思ってたのに顔(ペロッ)

blog1996.jpg

猫(足) また来なきゃでしゅよ犬(泣)

ニックネーム じょーじ at 20:59| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

奇跡の仔

今日はかかりつけの病院病院へ今後のことで相談に行ってきたわーい(嬉しい顔)

術後も絶好調、手術以来シャンプーもしてないけど、臭わない
どころか毛は艶々顔(メロメロ)

問題なければ薬も絶ち切ってみようかなぁということと、ワクチン
接種注射の相談もしてみた顔(イヒヒ)

ショコラを見た先生曰く「奇跡の仔」と言われるくらい、皮膚は完璧
二重丸Good
手術痕も綺麗で、吠える声も大きく元気そのものとお褒めの言葉を
いただきましたClap

薬は漢方も飲んでるので継続することに意味があるため続けることにわーい(嬉しい顔)
ワクチンは「今日打っちゃいましょうハートたち(複数ハート)」ってことで、早速注射チックン顔(イヒヒ)

blog1988.jpg

猫(足) いててあせあせ(飛び散る汗)でしゅよ犬(怒)

ニックネーム じょーじ at 22:56| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

術後の状況

かかりつけの病院病院へ経過報告がてら、昨日の「はしゃぎすぎ」
状況も見てもらった顔(ペロッ)

blog1976.jpg

猫(足) ちょっと、はしゃぎすぎちゃったでしゅよ犬(笑)

今日は赤みも少し取れていて、傷口もきちんと塞がっているので
大丈夫決定とのことわーい(嬉しい顔)

手術の際に毛が抜けないようスプレーをして固定するそうなのだが、
その接着剤のようなもののカスがついていて、痒くなるといけない
のでと先生が取ってくれたわーい(嬉しい顔)

blog1975.jpg

ショコラの性格を知り尽くした先生曰く

ショコラに走るなちっ(怒った顔)と言っても無理だから、部屋の中なら多少だった
ら走ってダッシュ(走り出すさま)も仕方ない、と寛大なご意見顔(イヒヒ)
けど、飛び降りたり、飛び乗ったりの上下運動だけは絶対させないよう
気をつけてとのこと顔(ペロッ)

先生から見ても順調な回復ぶりとのお墨付きをもらいましたClap





ニックネーム じょーじ at 19:07| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

退院しました

本日無事病院退院しましたClap

blog1969.jpg

猫(足) 久しぶりにおうちに帰ってきたでしゅよるんるん

手術痕が痛々しいのですが抜糸も済んでおり、2週間くらいは傷口
に注意をしていれば決定でその後はお風呂いい気分(温泉)も大丈夫とのことわーい(嬉しい顔)
(ただし、部分的に時間をかけずに洗うのが条件ですが)

それまでは極力安静を保つことと、傷口を掻いたりこすったりしない
よう注意してとのことでしたわーい(嬉しい顔)

今後は約1ヶ月後に再度診察を受ければ終了です手(チョキ)


家ではおととが手厚い手荒い歓迎でお出迎え

blog1970.jpg

おとと:ねーたん、頑張ったでしゅねハートたち(複数ハート)

いきなり顔を掴んだのでびっくりがく〜(落胆した顔)しましたがじっと耐えてました顔(イヒヒ)

入院中はおおむね元気だったのですが、ストレスからか胃液を吐い
たりしたこともあったそうで、少し痩せていました顔(汗)

blog1971.jpg

帰ってきた直後は大喜びで走り出したダッシュ(走り出すさま)ので焦りましたがく〜(落胆した顔)が、落ち
着かせたらベットでくつろいでくれました顔(メロメロ)

blog1972.jpg

猫(足) 皆しゃん、あたち元気になったでしゅ。ご心配をおかけしました犬(笑) 

ニックネーム じょーじ at 21:36| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

手術終了しました

手術無事終了しましたわーい(嬉しい顔)

病院病院に着いてから何かを感じているのか、やたらと甘え不安がる
ショコラ

blog1961.jpg

9時30分 先生から概要説明を受けた。
11時に手術開始、所要時間は3時間を予定、終了後に携帯電話連絡をもらい、
手術の状況報告を受けるスケジュール時計

預け終え、あとはひたすら待つばかり・・・
お茶喫茶店や食事レストランで時間を潰すも待ち時間の長いこと・・・顔(なに〜)

が、15時を過ぎても終了の連絡が携帯電話来ないので、しびれを切らしちっ(怒った顔)
受付に状況を聞きに行く途中やっと連絡があったわーい(嬉しい顔)

レントゲン写真を見ながら説明を受けた

blog1962.jpg

1.背骨に2ヶ所穴を開け、飛び出た椎間板を除去したが、神経に癒着して
おり時間がかかった。

2.90%くらいの除去はできたので大丈夫であるが、神経痛などの症状が
出る場合もある。

3.背骨の形は悪いが連結の強度はあり、ぐらつきはなかったので固定は
しなかった。

4.癒着していたため除去の時神経を刺激しており、今日は強い痛みがあ
るためICUで過ごす予定。状況を見て鎮痛剤以外に鎮静剤も使用する場
合がある。

5.3〜4日で足に力が入るかがわかるので、順調な回復ぶりかはそこで判
断がつく、10日間くらいで抜糸予定

本当はショコラに会える予定だったが、ICUでは他の仔の緊急対応が入っ
ていたため映画モニターに映るショコラを見せてもらった

blog1963.jpg

痛々しい姿だけど、無事終わって良かったわーい(嬉しい顔)

blog1964.jpg

ショコラ、3時間半の手術頑張ったねハートたち(複数ハート)

励ましのメールや電話ありがとうございました顔(泣)
退院は19日(金)を予定していまするんるん
ご心配をおかけしましたが、まずは一安心です顔(メロメロ)
ニックネーム じょーじ at 21:04| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

手術前日

手術前の血液検査を受けにかかりつけの病院病院ダッシュ(走り出すさま)

blog1959.jpg

猫(足) 先生に会いに行くでしゅよハートたち(複数ハート)

あわせて術後のすべり防止のために足の爪を切ってもらった。
深く切ってもらったのでちょっと痛そうふらふら

検査結果も受け取って、明日はいよいよ手術です。

blog1960.jpg

猫(足) 頑張ってくるでしゅよ犬(笑)
ニックネーム じょーじ at 23:51| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

手術日決定

病院病院と打ち合わせをし、2月8日(月)にヘルニア手術をする
ことが決まった。

前日までにかかりつけの病院で血液検査をし、その結果を持って
当日は朝から問診、午後から手術、手術時間時計は3時間を予定、
術後は状況の説明を受けるスケジュール

麻酔から覚めたら面会もできるとのことわーい(嬉しい顔)



続きを読む
ニックネーム じょーじ at 22:24| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

決心

今日はかかりつけの病院病院へ先日の検査の状況を報告に行き、
今後のことを相談してきたわーい(嬉しい顔)

手術をする決心はしているのだが、病院が遠かったり、過去の
アナフィラキシーや皮膚のこと、服用中の薬くすりのことなど
術前準備や術後のことなど、いろいろ不安もある顔(汗)

かかりつけの先生からも検査していただいた先生に相談をして
もらって、来週末その結果を聞きながら準備に入ることにした手(チョキ)

今年の年賀状にも書いたけど



ショコラをおととと一緒に思いっきり遊べるようにしてあげたいGood
ニックネーム じょーじ at 22:17| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

MRIとCT

今日は事前予約を入れた病院でMRIとCTの検査をしてきました

出発前、おととに励まされたショコラ

blog1950.jpg

おとと:ねーたん、がんばるでしゅよ

病院では、問診と今回の検査に関するインフォームドコンセントを行い、
そのまま預け検査終了まで待つことに。
検査開始の案内から1時間もかからず検査は終了、その後結果もすぐ
教えてもらえました。
ショコラも麻酔による問題もなく、まずは一安心わーい(嬉しい顔)

結論は
椎間板ヘルニアが2ヶ所あり、飛び出した椎間板の量は3段階でみると
「中」規模。
今は回復しているので即手術とは言わないし、手術をして傍から見て
変化があるわけではないが、再発した場合、下半身麻痺といった状態
悪化の可能性はある。
再発の可能性は統計的にも予防して防げているわけではないのでなん
ともいえない。
麻酔や手術による細菌感染などのリスクもないわけはないので、いろ
いろな角度から判断してほしい。
手術方法は、骨に小窓をあけ飛び出した椎間板を除去するもので、術
後2週間は入院
とのことだった。

先生の予定や病院がすぐに行ける場所でもないため、今日は結果を
聞いて終了。
かかりつけの先生にも相談をして、結論を出したいと思います。

blog1951.jpg
猫(足) 寝てたからでしゅかね、頭がボーっとするでしゅよ




ニックネーム じょーじ at 20:00| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする